FIT FOOD HOME FIT FOOD HOME

アカデミー

part.3

健康的なダイエットとは?

image ダイエットで
大切なことって何?
image

皆さんは、「ダイエット」と聞くと何が大切だと思いますか?
食事コントロール?運動?どちらももちろん大切です。例えば、食事の量、摂取カロリーを減らせば体重は減って痩せることはできるかもしれません。しかし、せっかく体重は減ったけれど、「疲れやすくなった」、「元の食生活に戻したらすぐにリバウンドしてしまった」という経験をされた方も多いのでは?

image

皆さんそれぞれ理想の体型のイメージがあると思います。たとえ一時的に痩せたとしても“健康”でなければそれを維持できず、“なりたい自分”とは程遠くなってしまいます。
そこでFIT FOOD HOMEは、健康的なダイエット=「“燃やせる”カラダを作る」ことだと考えました。

image 「基礎代謝」と
「筋肉量」の関係
image

「代謝がよいほうが痩せやすい」というのはなんとなく聞いたことがあるかもしれません。
基礎代謝を上げるとは、つまり体内のエネルギー燃焼効率を上げること。
そもそも、「基礎代謝」とは何でしょうか。
基礎代謝とは、血液循環、呼吸、消化、吸収など、生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。つまり、基礎代謝が高いということは、体内で効率よくエネルギーを消費できるため、脂肪も燃えやすくなり、“太りにくい”カラダになるということなのです。

image

この基礎代謝は「筋肉量」と大きく関係します。
すなわち、基礎代謝が高いカラダ=“痩せやすい”カラダになるには、筋肉量を増やすことが大事。
筋肉のもととなるたんぱく質は、アミノ酸から作られています。肉や魚などに含まれる動物性たんぱく質、大豆などの豆類、穀類などに含まれる植物性たんぱく質を同時に摂取することで、アミノ酸の体内での利用効率が上がります。
しっかり運動しながらたんぱく質を摂ることで、筋肉を減らすことなく脂肪を燃焼し、基礎代謝量をキープしながらリバウンドしづらいカラダづくりをすることができるのです。

image “燃やせる”カラダ作りに
必要なもの
image

では、たんぱく質ばかりに偏った食事を続けているとどうなるでしょうか。
たんぱく質を分解するにはビタミンが必要ですし、筋肉を支える骨を作るにはミネラルが必要です。また、糖質や脂質は「ダイエットの敵」というイメージがあるかもしれませんが、まったく糖質や脂質がないと、筋肉をエネルギー源としてしまう可能性も。筋肉量が少なくなるということは、消費カロリーも少なくなるということ。つまり、体内のエネルギー燃焼効率が悪くなり、結果的にちょっとのカロリーでも太りやすくなる“負のループ”に陥ってしまうかもしれないのです。
ダイエットミールは、高たんぱく・低糖質を実現しながらも、カラダに必要なビタミン・ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取できます。ダイエットミールで“燃やせる”カラダを作り、なりたい自分を目指しましょう!

ajax loading gif

商品購入ページへ